犬の留守番を長時間させるときにはクレートやケージで工夫をしましょう

目次

8時間以上のロング留守番、そそうやイタズラされないで過ごさせる環境づくりは?

悩み

愛犬のお留守番、30分程度の短時間なら何とかなっても…長時間だとちょっと心配。

解決

長い時間、愛犬が退屈せず、清潔に過ごせるかがカギ

留守番中、犬はほとんどの時間を寝て過ごしているよう。
しかし、8時間以上の留守番では、起きて過ごす時間も出てくるので、その間快適にくつろげる工夫が必要になってきます。

また、留守番中1度は排泄するので、愛犬が汚れずに過ごせるような環境づくりもしておきましょう。

テクニック

おすすめは 柵つきフリースタイル

対処法
🐶

長い留守番の間、解放的に過ごさせてあげよう

具体的に
🐶

8時間以上の留守番では、愛犬に広めのスペースを与えましょう。
ただし、危ない物があるところや、イタズラしそうな場所には柵を。

また、地震を想定し、屋根がついたクレートも用意します。
複数回の排泄に備えて、トイレは広めにするか、複数置いておくと、そそうの心配もないですよ。

行動

ココが快適ポイント!

  • 広いスペースでのびのびできる
  • 怖いとき逃げ込めるクレートもある
  • トイレも複数あって清潔!
まとめ

愛犬も飼い主さんも快適に

より快適に過ごせるようにすこしの工夫が絆も深めますね。色々なパターンがあるので少しでもお役に立てると幸いです。

本日のご購読、誠にありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる