ドッグスリングを災害時に備える。日頃から犬のしつけでストレス軽減

目次

「もしも」の時に備える役に立つこと

悩み

もしもの時どのように備えていいのかわからない

何をすればいいのかな

一緒に考えていきましょう!

テクニック

日頃からしつけでできること

1,
question

ハウストレーニング

1,
answer

災害時は飼い主さんも落ち着いて安全を確保 する必要があります。愛犬にも『落ち着ける場所』としてクレートやケージにも慣れさせておきましょう。

慣れさせていれば愛犬のストレスや不安も感じにくくなり、落ち着いて居られる場所になります。それに、避難所での生活をすることになれば、ハウスの中は更に安全と安心な場所になります。

2,
question

ドッグスリング

2,
answer

ハウストレーニング同様に落ち着いて行動するにはまずは、安心と安全の確保をする必要性があります。けれど、移動の際にキャリーケースでは重たい、手が塞がれる。。など不便なときもあります。その時々で使い分けれるようにコンパクトタイプのドッグスリングにも慣れさせておくといいでしょう。ちょっとしたときに抱っこしたい時や両手があくと行動の可能性も広がります。且つ、愛犬も飼い主さんと密着して安心もします。様々な予測できないことがありますので、状況に応じて安心できる居場所になるでしょう。

3,
question

吠える・噛む・トイレトレーニング

3,
answer

災害という予想もできない非常事態のときに飼い主さんも動揺している中、愛犬が普段から出来ていないことをするということは、かなり困難になります。今からでも、しつけをして問題行動が起こりにくくしておきましょう。

穏やかでトイレのしつけができている犬は、避難所でも受け入れやすい傾向にありますので愛犬のためにもトイレトレーニングはしておきましょう。

4,
question

指示の練習

4,
answer

災害時には愛犬たちもパニックになっており、飼い主さんの指示も聞いてくれないかもしれません。そうならないために普段から落ち着いた行動の練習がとても大切です。もしも迷子犬になってしまった場合でも指示に従えたり、しつけがしっかりと出来ている犬は保護される可能性もあります。

行動

大好きな愛犬のために

まとめ

しつけ…というと難しく感じるかもしれませんが、普段の生活の中で習慣のようにできれば愛犬との絆も一段と強くなります。吠えたり噛んだりトイレのしつけ、興奮しやすいよりは穏やかに行動ができるなど、飼い主さんも普段から飼いやすくなります。災害などの緊急時には愛犬も興奮しやすいので、人通りの少ない場所を確保するなど、工夫も必要かとは思います。様々な予測できないことがあるのでトラブルを回避できるようにしましょう。動物の苦手な方やアレルギーをお持ちの方もいらっしゃいますので配慮や工夫がいりますが愛犬のためにも普段からのしつけを心がけましょう。

本日のご購読、誠にありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる